服装や髪型は誰もが自由に楽しめるものですが、若いからこそ無理なく挑戦できるファッションも数多くありますよね。そこで今回、10〜20代の女性に対して、30代以上の女性がしていると「イタい」と感じることのあるファッションはどんなものか聞いてみたところ、1位には《メイド服》が選ばれました。


 メイド喫茶が一世を風靡し、すっかりお馴染みとなった《メイド服》。リボンやフリルがたっぷり付いたスカートにエプロン姿は、今も一部の人たちの間で人気が高く、色もデザインも実にさまざまなものが売られているようです。一度くらいは試着して「ご主人様!」なんて言ってみたいと思う人もいるかもしれませんが、“萌え〜”となるよりも、イタいと思われてしまう可能性のほうが高そうですね。2位の《ゴスロリファッション》も、街で目を引くファッションの一つ。《メイド服》同様、レースやふんわりしたスカートが印象的なため、30代以上の女性が着こなすのは非常に難しそうです。日本発で欧米では専門店も生まれるほど大きな注目を集めている《ゴスロリファッション》ですが、注目度が高い分、着る人に対する視線も厳しいのでしょうか…。

 4位に選ばれたのは《ツインテール》。いわゆる「二つ結び」として知られている髪型で、1990年代に大ヒットしたアニメ『美少女戦士セーラームーン』の主人公がしていたことでも有名です。人気女性ミュージシャンやアイドルたちも《ツインテール》をよく取り入れており、“少女の憧れ”的な髪型になっているのかもしれません。ちなみに、NewsCafeが行ったアンケート「大人のツインテールどう思う?」では、「ナシ」と答えた人が75%以上にものぼっています。「アリ」と答えた人の多くも「結び方による」「種類による」といった意見を挙げているため、大人がする場合は気をつけたほうが良さそうですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /5/31〜2013/6/3
有効回答者数:1,069名