人によって金銭感覚はまちまち。決して「お金を大胆に使うから金持ち」というわけではないはずですが、自分の思うようにお金が使えないと切なくなることも…。そこで今回、男性のみなさんが「俺の年収、低すぎ…?」と感じてしまうのはどんなときか聞いてみました。


 やはり、食事こそ最もお財布事情が反映されやすいものなのでしょうか。1位に選ばれたのは《同僚とランチに行ったら、自分以外がみんな高いランチを注文したとき》でした。新生銀行が全国2000人のサラリーマンを対象に行ったアンケートによれば、1回のランチにかける平均金額は「510円」という結果が。牛丼やハンバーガーならともかく、定食を食べようと思えば1000円はあっという間に超えてしまいがち。ランチに行った店で、同僚の手前同じものを頼んだはいいものの、お財布の中身を確認してヒヤヒヤ…なんていうこともありそうですね。同アンケートでは、24%の人が「(1回のランチを)250円以下で済ます」と答えたのだとか。ランチ代を切り詰めるのは「節約目的」という声も多いようですが、今回のランキングでは、8位に《他の同僚はランチで外食するのに、自分は自席で食べる菓子パンやお弁当を買うとき》がランク・イン。密かに「もっと収入があればリッチな食事ができるのに…」と嘆いている人も多そうです。

 9位には《お金が足りなくて彼女におごれなかったとき》という意見が選ばれました。最近では“割り勘”が当たり前のカップルも増えているものの、「たまには彼女に格好いいところを見せたい!」なんて張り切った日に限ってお金が足りないとなれば、「俺って年収低いのかなあ…」とガックリきてしまうかもしれませんね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /5/31〜2013/6/3
有効回答者数:1,069名