恋人ができたことを友人に伝えたら、予想外に冷たい言葉を返された…そんな経験をしたことありませんか? 「自分のことのように」とまでは言わなくても、できれば「良かったね!」の言葉一つくらいかけてほしいもの。そこで今回、みなさんに恋人ができたと報告したときにガッカリしてしまう友人の反応について聞いてみました。


 1位に選ばれたのは、何ともつれない《…ふーん、あっそ》。無関心でとても冷たく聞こえる言葉ですが、友人の心の中では驚きや戸惑いなど、さまざまな感情が入り混じっているのかも。でも、決して自慢をするつもりではないのに《…ふーん、あっそ》なんて吐き捨てられるように言われたら、それ以降その友人とどう接していいかわからなくなってしまいそうです。2位には《点数つけるから写真見せてよ》がランク・イン。 思わず「何様のつもり?」とキレてしまいそうですが、もしも低い点をつけられたら、「自分にとっては100点満点だから!」と自信を持って言い返せば、相手は何も言えなくなってしまうでしょうね。さらに、3位《あなたみたいに妥協すれば私もいつだってできるんだけどね〜》、4位《ねえ本当に恋人?だまされてるんじゃない?》など、とことん皮肉っぽくネガティブな反応が続々とランク・インしました。

 マイナビが行った調査では、恋人ができた友人に対して「変わった」と思ったことがあると答えた人の割合は、女性が42.7%、男性が33.7%だったとか。その中でも特に「付き合いが悪くなった」と感じる人が多いようなので、友人に恋人ができたことを報告するときは、合わせて「これからもあなたと仲良くする気持ちは変わらない」という決意表明をしておくと、お互いギクシャクせずに済むかもしれませんね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /5/31〜2013/6/3
有効回答者数:1,069名