今年で30周年を迎える東京ディズニーランド。2012年度のリゾート2パークの年間来場者数はオープン以来最多になるなど、その人気は止まることを知りません。この人気ゆえにアトラクションに乗るために長蛇の列に並ぶことは日常茶飯事ですが、その待ち時間も飽きさせないのがディズニーのすごいところ。今回は、待ち時間が楽しいアトラクションは何か聞いてみました。


 1位に選ばれたのは、2000年にオープンした超人気アトラクション《プーさんのハニーハント》。ハチミツのツボに乗って、プーさんの絵本の中の世界を冒険するという何ともディズニーらしい夢のある設定ですが、迷路のように曲がりくねったスタンバイエリアでは、かわいいミツバチの歌を聞きながら待つことができます。2位は1983年のオープン当初からあるローラーコースター《スペースマウンテン》。宇宙空間を思わせるスタンバイエリアが、これから始まる宇宙探検への気分を盛り上げます。3位はディズニーランド自慢の幽霊屋敷《ホーンテッドマンション》。レンガ造りのゴシック式洋館に入ると、そこは既にあちこちに「何かいそう」な空間。もちろんただ怖いだけではなく、どこかユーモラスでロマンティックな雰囲気なのはディズニーならではです。

 ディズニーのアトラクションには、一度乗っただけでは気付かない細かな工夫があちこちにあり、それがリピーターたちの心を掴んで離さない理由のひとつだそうです。アトラクションの待ち時間でも、思わぬ場所にキャラクターが隠れているなど、訪れるたびに新鮮な驚きがあるディズニーランド。あなたは誰と待ち時間を楽しみますか。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /5/31〜2013/6/3
有効回答者数:1,069名