なんとなくぶっきらぼうに聞こえる関西弁も、聞き慣れてくると愛情がこもっている言葉に聞こえてくるから、関西弁は侮れませんね。そこで今回みなさんに、女の子に言われるとたまらない関西弁のセリフについて選んでもらいました。


 好意を持った女の子に言われるとさらにうれしい《めっちゃ好き〜》が圧倒的1位に選ばれました。“めっちゃ”と同じ意味の方言では、福岡の“ばり”、山口の“ぶち”なども有名な「とても」という意味を持つ言葉ですが、“めっちゃ”という言葉の響きには楽しさや明るさが感じられ、より一層愛くるしい女の子に見えてしまいそうですね。続いて、同じように好意を伝える言葉である《好きやで》が2位にランク・イン。すなおな気持ちの表現として割と気軽に発せられる印象のある《めっちゃ好き〜》に対し、なんとなく不器用な女の子がちょっと抑え気味に思いを伝えている風に感じられる《好きやで》の方が、より感情がこもっていてうれしいという人もいるのではないでしょうか。

 3位の《ええよ》は「普通の人はダメだけど、あなたならいいよ」、4位の《あかん》は「あなたなら許してあげたいのだけど、ダメなの」、5位の《堪忍ね》は「あなたならやってあげたいのだけれど、できないの。許してね」のように相手のことを思って返事をしてくれている風に聞こえてくるから不思議なもの。ただのYES、NOではない気遣いがうれしく、仕方ないなあと思ってしまう男性もきっと多いことでしょう。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:1783票
投票期間:2013/5/12〜5/25
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません