自分の好きなことにはどっぷりハマってしまい、それに時間とお金をかけていたけれど、いつの間にか飽きてしまった…なんていう経験のある人も少なくないはず。そこで今回みなさんに、最近は時間とお金を割かなくなったなぁと思うことについて聞いてみました。


 一人でも友達とでも、またファミリーでも楽しめる《家庭用ゲーム》が1位に選ばれました。発売と同時に新しいゲームを購入し、他人よりも早く上のステージに進むスピードを競ったり、レアキャラを見つけ出したりと寝る間も惜しんでチャレンジし、さまざまな楽しさと喜びを生み出してきたことも今は昔。正直なところ、他にやることがたくさん出てきてそれどころではない、といったところでしょうか。2位には《音楽鑑賞(CD)》がランク・イン。クラシックやジャズなど自分の好きな音楽を静かに楽しむ人や、気分転換や精神をリラックスするための音楽を聴いていた…という人も、せいぜい「ながら」で音楽を聞くという位しか余裕がなくなったという人が増えている証拠でしょう。

 男性にとっては少しショックな《美容》が3位に入りました。世の女性たちは、決して「まあいいや」と思っているわけではないのでしょうが、女性が《美容》に時間やお金を割かなくなるのは、あまり喜ばしい現象ではなさそう。若い時は、スッピンでも十分OKという人でさえノーメイクを恥ずかしがって、きれいにメイクして出かけていたのに、結婚して年齢を重ねると恥ずかしいという気落ちも薄らいでくるのでしょうか。何事にも「もったいないので適度でいいか」という現実志向が年齢とともに強くなるとしたら、ちょっと寂しい限りですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:2144票
投票期間:2013/5/12〜5/25
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません