“不思議ちゃん”や“天然キャラ”など、一風変わった役が似合う女優がいます。そこで今回「ちょっと風変わりな役をやらせたらピカイチだと思う女優は次のうち誰?」という質問してみたところ、1位には《上野樹里》が入りました。


 《上野樹里》は、gooの「天然キャラ役が似合う女優ランキング」「ブッ飛びキャラ、似合いそうな若手女優は?」でも2位に入っています。彼女の代表作といえば『のだめカンタービレ』ですが、同作はオリコンスタイルの「もう1度観たい!『あの人のあのドラマ』」でも2位をマーク。選者からは「演技ではないのでは?という気すらした」という声が上がっています。さらに、『のだめカンタービレ』の武内英樹監督からは「上野さんは本当に天才だと思うんですけど、ものすごく天然の人」というコメントが。原作者の二ノ宮知子も「後ろ姿まで、のだめ(野田恵)になっている」という感想をもらしていることから、《上野樹里》自身も野田恵と同じ、ユニークな性質を持ち合わせているといえそうですね。

 2位には《吉高由里子》がランク・イン。映画『ロボジー』ではロボットオタクの女子大生を熱演していますが、その完成報告会見で矢口史靖監督は、彼女の役柄に対し「ロボットを愛し過ぎる変態という設定。ちょうどいい変な人が来てくれてよかった」と言っています。さらに、共演した濱田岳からも「トンチンカンなので、撮影はロボットを2台相手にするようなものだった」という暴露話が。ただ、その半面で《吉高由里子》には「責任があって、それにちゃんと応えられたときに自由というものが感じられる」という持論があるなど真面目な一面も。そうした側面が、出演作のヒットにつながっているのかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:7503票
投票期間:2013/5/9〜5/22
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません