是枝裕和監督とタッグを組んだ主演作『そして父になる』がカンヌ国際映画祭で審査委員賞を受賞した福山雅治。メイン会場で行われた公式上映時には、上映後10分も続いたスタンディングオベーションで男泣きを見せました。そんな福山の出演作で「一番好きなのは?」という質問してみたところ、1位には《ガリレオ》が入りました。


 《ガリレオ》は、gooの「福山雅治の好きな出演ドラマは?」や、「期待している2013春ドラマ」でもトップに入っています。オリコンの2013年4月期「連続ドラマ期待度ランキング」でも首位をマークし、「ぜひ観てみたい」の割合が「観てみたい」を上回ったのだとか。視聴者からも「前作との違いに期待」「新キャラがどう作品になじむのか楽しみ」「ドラマも映画もすべて観ている」といったコメントが寄せられています。今月から同シリーズの映画化第2弾『真夏の方程式』も公開されており、こちらの興行成績がどこまで伸びるかにも注目したいですね。

 2位には《ひとつ屋根の下》がランク・イン。gooの「もう一度見たい野島伸司の90年代ドラマランキング」でも2位に選ばれています。同作は平均視聴率28.4%、最高視聴率37.8%(第11回)をマークした大ヒットホームドラマ。貧乏ながらも家族愛を大事にする柏木一家に癒された人も多かったのではないでしょうか。福山雅治は同ドラマ撮影時に55,000円のアパートを借りていましたが、生活ぶりを心配した女子高生から「京樽でアルバイトしているので、賞味期限切れのものだったら毎日もってこられます」という手紙をもらったことがあったのだとか。その後、彼女は本当にドアノブに掛けて行ってくれるようになり、もちろんごちそうになったそうです。本人いわく「初心を忘れないため、今でも(その場所に)立ち寄ることがある」そうですから、そこには福山雅治の原点があるのかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9617票
投票期間:2013/5/3〜5/10
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません