気温が上がってきてこそおいしいものは世の中に多数存在しますが、中でも「ビール」はその最たるもののひとつ。「この一杯があれば他に何もいらない!」というほどおいしく感じる瞬間がありますが、みんなが至極の一杯を味わっているのは、どんな瞬間なのでしょうか。


 ランキング1位に輝いたのは《お風呂上がりのまだ体が火照っている時に飲む》。お風呂で温まった体で冷蔵庫に直行しゴクゴクと飲む一杯は、何物にも代えがたいほどおいしいと感じる人は多いよう。ただし、水分補給と思ってビールを飲んでいる人は要注意。ビールにはアルコール・カリウム・水分の相乗効果による利尿作用があり、入浴によって体内の水分が汗となって外に出た状態だと、ビールのみでの水分補給では足りないことも。お風呂の後にまずはビールを飲みたい! という人は、ビールを飲んだ後に水やスポーツドリンクできちんと水分補給する習慣をつけましょう。

 《一週間の仕事を終えた金曜の夜に飲む》が2位に、《大きな仕事をやり遂げた夜に飲む》が4位に入っていることからもわかるように、仕事の後の一杯はまた格別…という人が多いこともわかります。自分へのご褒美としてのビールであれば、いつもよりワンランク上のビールを楽しんでみるという方法も。今年はユニーグループ・ホールディングスがアサヒビールと共同開発したプレミアムビール「アサヒクラシックプレミアム」や、セブン&アイ・ホールディングスがサントリーと共同開発したPB(プライベートブランド)のプレミアム生ビール「セブンゴールド ザ・ゴールドクラス」など、共同開発により生まれた新ビールが話題です。会社帰りのスーパーやコンビニで手軽に買えるので、日によって違った「プレミアム」を楽しむのもいいですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /5/2〜2013/5/5
有効回答者数:1,088名