2013年で結成25周年を迎え、いまや大人の魅力たっぷりのSMAPには、ジャニーズ好きの女性だけではなく世代を超えて老若男女の心に響く国民的ヒットソングが数多くあります。今回はそんな名曲揃いのSMAPの曲のうち、カラオケで盛り上がるのはどれか、みんなに選んでもらいました。


 堂々1位に輝いたのは、2003年に発売された《世界に一つだけの花》。槇原敬之が提供したこの曲は、音楽の教科書にも採用されているほか、2011年度までの30年間でCDやカラオケ、着メロなど著作物使用料の分配額が最も多かったそう。まさに、名曲中の名曲ですね。「ナンバーワンではなくオンリーワンでいい」というこの曲のテーマはお互いを認め合うことにもつながるので、みんなで歌うと結束も強まるかもしれません。続いて2位は1996年発売の《SHAKE》。歌詞に当時の流行語を盛り込んでいて、とにかくご機嫌でノリのいい曲なので、その場を盛り上げるにはぴったりです。3位は《SHAKE》同様1996年に発売された《青いイナズマ》。こちらもノリがいい曲なので、思わず踊りながら歌いたくなってしまいそうですね。

 もはやジャニーズの枠を超えメンバーが芸能界で独特の存在感を放ち、華々しく活躍している彼らですが、これからも曲を出すときは5人全員で幅広い世代を魅了してほしいですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:2131票
投票期間:2013/4/16〜4/29
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません