性格は人それぞれ。周りからみればそれほどではないことも、本人にとってはイヤになる性格も多々あるようですね。ということで今回みなさんに、できれば直したい自分の性格について聞いてみました。


 やらなくてはいけないことはわかっていても、人はついつい後回しにしがち。そんな典型的な性格《面倒くさがり》が1位に選ばれました。後回しにしたからといってやりたくなることはないとわかっているのに、行動に移せず躊躇しがち。最近ブレイク中の某予備校講師ではないですが、「いつやるか? 今でしょ!」のフレーズに背中を押されて即実行に移したいものですね。続いて、ネガティブ高校生・栗原類がブレイクしたことで注目された《マイナス思考》が2位にランク・イン。プラス思考とは「ネガティブな出来事に目をつぶり、無理やりポジティブに考えること」のように誤解されがちですが、ネガティブな側面にもしっかり目を向けて、プラスに働く方向を考えることが本質。客観的に自分がよく見えている高校生として好意的に視聴者に映ったからこそ、彼がブレイクしたのかもしれませんね。
 初対面の人にも物怖じせず、自分らしさを発揮して対応できる人は少数派なのか、3位に入ったのは《人見知り》でした。大人になれば相手をよく観察し、自分なりに理解をしてから受け入れる慎重さが功を奏す場面も意外と多いもの。《人見知り》は本能的な自己防御手段ともいえますから悪いことではないのですが、「緊張する・上手く話せない」ことの言い訳に《人見知り》という性格を持ち出すことは避けたいですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:4660票
投票期間:2013/4/7〜4/20
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません