CMソングとして使われたのをきっかけに、曲が大ヒットするのはよくある話。今回はその時代を代表するような名曲ぞろいのポカリスエットCMで、特に印象的だったのはどの曲かをみんなに聞いてみました。


 1位になったのは1990年代前半に放送のCMで使われた《いつまでも変わらぬ愛を(織田哲郎)》。当時人気の絶頂だった一色紗英が南の島や学校を元気いっぱいに駆け巡っている映像とともに、爽やかなムードを一層盛り上げた曲です。僅差で2位になったのは、同じく一色紗英が出演したCMで流れた《揺れる想い(ZARD)》。この曲の作詞はZARDのボーカル坂井泉水ですが、作曲は1位と同じく織田哲郎で、そもそもポカリスエットのイメージソングとして作られたのだとか。また、この曲が発表された93年あたりから透明感にあふれた歌声で青春時代ならではの切ない気持ちを歌い上げたZARDは、『揺れる想い』と同じくミリオンセラーになった『負けないで』など、ヒット曲を連発して一世を風靡しました。ほかにも3位《突然(FIELD OF VIEW)》、4位《瞳そらさないで(DEEN)》など、その曲が流れてきただけで当時の記憶がよみがえってくるような、印象的な名曲がランク・インしました。
 地デジ化以降は昔に比べてTV番組の録画もずいぶん簡単になったので、CMを早送りにしてしまう人も多そうですが、CMは最新トレンドを知るための絶好のメディア。ブレイク必至のタレントやミュージシャンを発掘する機会でもあるのです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:15614票
投票期間:2013/4/8〜4/15
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません