緊張しながらもなんとか無事に終わった初デート。当然気になるのは「次があるかどうか」ですが、今回は連絡が来るのかどうかやきもきして待っているときに「こんな風に誘われたらうれしい!」と思う誘い文句は何か、女性に聞いてみました。


 1位は《今度はどこ行きたい?》。「今後」があることを大前提として、敢えてその先の場所を相談する、という心憎い誘い文句。女性の意思を尊重するような聞き方も好感度が高いですよね。2位は《君といるとすごく楽しいから、また会いたいな!》という、これ以上ないくらい直球です。こんなことを言われたら、普段はプライドの高い女性でも素直に「私もそう思ってたの」と言えそうですね。一方3位は《もう一つ気になるお店があったんだけど、次回行かない?》という、少し遠まわしな誘い方。控えめな男性がタイプという女性にとっては、こんな誘い方のほうが嬉しいかもしれません。

 好きな相手から2回目のデートに誘ってもらえたらどんな誘い方でも大喜びするものですが、無事に約束が決まったら、ここからが勝負どころ。心理学には『スリーセット理論』という法則があり、1回目でその人の第一印象が決まり、2回目でそれが正しいかどうか再評価し、3回目はさらに1、2回目の評価が正しいか確認するそうです。2回目のデートのうまくいけば大好きな彼と恋人同士になれる可能性もぐっと高まるので、気合を入れないわけにはいけませんね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /4 /4〜2013/4/5
有効回答者数:1,101 名