今週の日曜日は母の日。すでにプレゼントを贈る手配も済んで準備万端! という人もいれば、中には「別に特別に感謝することなんてないし…」と、母の日に何もする予定のない人もいるのでは。でもよくよく考えてみると、多くのお母さんが陰で家族をしっかりと支えてくれているからこそ何事もなく毎日を過ごせている面はあるものです。


 「陰で支える」お母さんのありがたさは、普段は忘れてしまいがち。そこで「お母さんありがとう!」と思うときについてあえて聞いてみたところ、1位は《夜遅くに帰っても温かいご飯が用意されていたとき》でした。自分の帰りを待っていてくれた気遣いと、自分の帰宅に合わせて温かいご飯を用意してくれたその心遣い。家に帰るとホッとするのは、お母さんのこうした心遣いがあるからこそかもしれません。3位に《一人暮らしで自炊の大変さを知ったとき》が、4位に《帰省して自分の好物を作ってもらったとき》が入っていることからわかるように、日々の食事に母親の苦労やお母さんへの感謝の気持ちを見出す人も多いようです。

 2位には《看病してもらったとき》がランク・イン。たとえただの風邪であったとしても、病気になると一人でいることに心細さを感じるもの。そんな時にやさしく看病してくれる母親の存在をあらためて「ありがたい」と感じてしまうのは、ごく自然な反応と言えそうです。《自分にも子どもができたとき》や《結婚したとき》など、母親と同じ境遇に立った時に初めてその大変さを知った…という人も少なくないようですね。

 今回のランキングを見れば、ひとつくらいは「そういえば、あの時あんなことしてもらったな…」というお母さんとの思い出が蘇ってくるのでは? やっぱり母の日に感謝の気持ちを示そうと思った人は、gooランキングで展開中の「親孝行特集」も参考に、今からでも準備を進めてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /4/4〜2013/4/5
有効回答者数:1,101 名