『ミッション:インポッシブル』シリーズをはじめ、数々の大作映画で主演を務めてきたトム・クルーズ。今回はそんな彼の主演作品のうち、「まさにベストカップルだった!」と思える共演女優・映画について聞いてみました。


 2位以下に大きく差をつけての1位は、2010年の公開『ナイト&デイ』でジューン役を演じた《キャメロン・ディアス》でした。同作品は、“ハリウッド2大トップスターの共演”という前評判もさることながら、突然ジューンの前に現れたトム・クルーズ演じるスパイ、ロイ・ミラーと共に世界各国を駆け巡る《キャメロン・ディアス》の美しさが話題に。二人はそれ以前にも『バニラ・スカイ』で恋人役として共演しているだけに、「トム・クルーズの相手役といえば《キャメロン・ディアス》」のイメージは強く根付いているのでしょう。

 ランキング上位にハリウッドの名女優たちが名を連ねる中、6位には日本が誇る女優の《小雪》がランク・イン。二人は2003年公開の『ラストサムライ』で初共演。物語内では、生まれ育った国の違う二人が同じ場所で暮らすと共に、少しずつ心を通じ合わせていく様子が描写されています。トム・クルーズは本作の制作記者会見において、日本人女性の印象を「とても美しいです、日本の女性は」と語っています。今年51歳を迎える彼ですが、そのセクシーさは増すばかり。再び日本人女優との共演が見られる機会もあるかもしれませんね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /4 /4〜2013/4/5
有効回答者数:1,101 名