手軽なランチに、ちょっと小腹がすいたときに、重宝するのがコンビニおにぎり。最近はごはんも具もクオリティーが高くなって、手結びおにぎりに迫るおいしさともいわれます。今回は、バラエティーに飛んだ具材で消費者を飽きさせないファミリーマートのおにぎりで、何が好きかをみんなに聞いてみました。


 1位に輝いたのは《金芽米 鮭はらみ》。このおにぎりのすごいところは、じっくり焼き上げた鮭のはらみをおにぎりの中と外側の両方に使用しているこだわりぶりです。もちろん中の具だけでなくお米そのものにもこだわりが。金芽米とは玄米の「栄養豊富な部分」「旨味」を残すように精米された白米で、白米よりもうま味・甘味があって、栄養価が高いのが特長だそうです。同じく金芽米シリーズでは、4位《金芽米 豚カルビとねぎ塩豚トロ》、6位《金芽米 たらこ》、8位《金芽米 サーモンとサーモンわさび》が10位以内にランク・イン。いずれもおにぎりの中と外にたっぷりと具が入っている少しリッチなおにぎりです。2位は《直巻 和風ツナマヨネーズ》。ツナはさまざまな素材と相性ばっちりの優等生ですが、人気のツナマヨに醤油を加えると、ご飯との相性もますますよくなります。そして3位には、ノーマルなツナマヨを使った《手巻 シーチキンマヨネーズ》がランク・インしました。

 忙しい仕事中でも青空の下でも片手で簡単につまめるのが魅力のおにぎり。スタンダードな具も変り種も楽しんで、日本が誇る「おにぎり文化」を満喫したいですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /4 /4〜2013/4/5
有効回答者数:1,101 名