ちょっとした焼きもちならかわいいものですが、度が過ぎる嫉妬をされるとうんざりして相手への愛情自体が冷めてしまうことも。今回は、我慢の限界を超える恋人の嫉妬深い言動は何か教えてもらいました。


 女性の方が嫉妬深いというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、心理学者のブライトンによると、「自分の嫉妬の感情を、女性は認めるが男性は否定することが多い」そうです。男性にはあまり嫉妬の自覚がないのかもしれません。さて、今回1位になったのは《常に連絡がつかないと怒る》。携帯電話が普及した今の世の中、その気になればいつでもどこでも連絡がついてしまうのが、便利でもあり不自由でもあるところです。常に相手がどこで何をしているのか把握しないと気が済まない人は、束縛が強すぎて息苦しいですね。少し前に登録した相手の現在地や通話履歴がわかるという、スマートフォンの追跡アプリ「カレログ」が物議を醸しましたが、このアプリはすでにサービス終了しているものの、今度はさらに機能が追加された「カレピコ」なるアプリが提供されています。2位は《常に浮気を疑う》。「火の無い所に煙は立たぬ」といいますが、今の交際相手に浮気の前科があって疑い深くなっているならともかく、過去のトラウマや勝手な被害妄想で浮気を疑われてはたまったものではありません。また3位《異性と話すだけで不機嫌》、4位《休日に友達と会うのはNG》、5位《友人関係に口を出す》など、自分の交友関係に口を出されると不満を感じる人が多いようでした。  人は追われると逃げたくなるもの。自分は嫉妬深いという自覚がある人は、ランク・インした項目をじっくり見て、自らの行動を省みたほうがいいかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:7091票
投票期間:2013/3/26〜4/8
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません