節約しなきゃと思ってはいても、なぜかどんどん羽が生えて消えていってしまうのがお金。特に贅沢しているわけではないのに、普通に生活しているだけで出費がかさむのはなぜ? と首を捻る人も多いのでは。今回は、家賃以外で一番お金を使う生活費は何か、みんなに聞いてみました。


 圧倒的多数の意見を集めて1位になったのは《食費》でした。消費支出に占める食料費の割合を「エンゲル係数」と呼びますが、近年の日本の平均エンゲル係数は23%前後だそうです。1956年の農村地区のエンゲル係数は約50%だったそうなので、昔に比べると《食費》の割合はずっと少なくなっているはずなのですが、健康や安全を考えると無茶な節約はできないので、家計に重くのしかかりますね。2位は《車の維持費》。たとえ本体のローンがなくても、駐車場や保険代、車検にガソリン代と、とにかく月々の維持費がかさむのが車の難点です。特に都市部では、駐車場代が下手したら家賃に迫る金額になるので、泣く泣く手放す人も少なくないのでは。3位は生活が厳しくなったら真っ先に削る羽目になる《趣味・娯楽》費。旅行やダイビング、観劇など、趣味の内容によってはかなり高額となるので、ウォーキングや読書など、あまりお金がかからない趣味を持つのも一つの節約術かもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:7955票
投票期間:2013/3/20〜4/3
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません