おもしろい連続ドラマを見つけると仕事帰りに寄り道せずまっすぐ家に帰るのが楽しみになります。今回は2013年春の連ドラで気になる俳優を聞いてみました。


 1位は『家族ゲーム(フジテレビ系、毎週水曜午後10時)』で変人の家庭教師を演じる嵐の《櫻井翔》でした。本間洋平の小説を原作とした何度も映像化されている作品で、過去に主演を務めたのは松田優作、長渕剛、鹿賀丈史とそうそうたる面々。今回《櫻井翔》がどんな演技を見せるのか注目が集まっているようですね。続く2位は『ガリレオ(フジテレビ系、毎週月曜午後9時)』で頭脳明晰・スポーツ万能・容姿端麗な天才物理学者を演じる《福山雅治》でした。東野圭吾の推理小説『ガリレオシリーズ』が原作で、2007年に同じく《福山雅治》主演で高視聴率をマークしたドラマの続編。今回の視聴率も初回から3週連続で20%を超える好調の出だし。吉高由里子との初共演ということも話題となっているようですね。

 3位には『TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜(TBS系、毎週金曜午後10時)』で史上最強の大泥棒軍団の忍び込み師を演じる《松坂桃李》が、5位には『空飛ぶ広報室(TBS系、毎週日曜午後9時)』で航空自衛隊の広報室員を演じる《綾野剛》がランク・イン。幅広い年齢層の女性から支持を得ている二人は、ともにNHKの朝の連続ドラマでブレイクした俳優。今季の『あまちゃん』でヒロインの初恋相手を演じている福士蒼汰にも今後注目が集まるかも…!?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:11920票
投票期間:2013/3/26〜4/2
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません