「O脚を治したい」「足首を細くしたい」など、脚のラインを美しくしたいという願望は、多くの女性が抱いているもの。そこで今回みなさんの憧れの的となる、30代以上で美脚だと思う女性芸能人について聞いてみました。


 ドラマで35歳の高校生を演じ、今どきのミニスカ&ブレザーの制服姿が話題騒然の《米倉涼子》が、有名モデルたちを抑えて堂々1位に選ばれました。クラシックバレエやジャズダンスを得意とし、ブロードウエーでのミュージカル主演を務めるなど、女優としての幅広い活躍に加えその抜群のスタイルと美しさは誰もが認めるところ。毎年「美」や「ファッション」に関連する賞の受賞を重ね、2011年には「クラリーノ美脚大賞」も受賞。むくみやすいという脚のケアは、30歳を過ぎてからより気をつけているそうですが、「がんばりました! 短めの方がいいかしらと思って」と、サービス精神旺盛に公の場で美脚を披露する彼女。4月のプロ野球の始球式では、ショートデニムに生足で4万人超の観客の視線を釘付けにし、ノーバウンド投球を披露して魅了したとか。さすがというほかありませんね。

 身長170センチメートルで子役モデル時代から活躍を続ける《観月ありさ》が2位にランク・イン。ドラマに舞台に歌にと活躍の場を広げていますが、長年維持されているスタイルのよさは特筆もの。彼女の脚の長さや細さをうらやむ人が多いのも当たり前ですね。また、今年2月に妊娠4ヵ月と報告があった《吉瀬美智子》が3位に選ばれましたが、ママになっても変わらぬ美脚で活躍を続けてほしいものですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13218票
投票期間:2013/3/20〜3/27
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません