ラブストーリーの主人公のように、すてきな恋愛に浸れたら…。そう願っても現実はなかなか映画のようにはいきません。恋人がいても特に盛り上がることもなく、なんとなく惰性で過ごしている人も。今回は、自分の恋愛には何が足りないと思うのか答えてもらいました。


 1位は《自分磨き》という回答になりました。常に向上心を持っていると、人は輝いて見えるもの。素顔を見慣れている恋人の前でも一番きれいな自分を見せられるように努力をするなどすれば、新鮮な関係を保つことができるのかもしれません。しかし注意したいのが、《自分磨き》の方向性を間違えると、自分の価値が上がったからもっと格上の相手を…と、恋人を安易に見限ってしまうこと。幸せは、失って初めて気付くことが多いのです。3位は《二人で過ごす時間》。社会人になるとお互い仕事でスケジュールが合わず、会える機会が激減することも。シチズンホールディングス株式会社が一人暮らしの独身社会人男女400人を対象に調査したところ、恋人と過ごす時間の平均は、平日で2時間19分、休日で5時間51分になったそうです。会える時間が少なければ会う時間の密度で補うという方法もありますが、仕事でぐったり疲れると二人でダラダラ過ごすのが関の山だったりと、なかなか難しいものです。

 6位になったのは《情熱》。結局はランク・インした「足りないと思うこと」のすべてが、これさえあれば解決するかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:5837票
投票期間:2013/3/10〜3/23
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません