暖かい季節になって肌の露出が増えるとまず女性が気にかけること、それが毛の処理です。エステやクリニックに行くのは時間もお金もかかるので、なんとか自分で処理するという人も多いのではないでしょうか。今回は、自分で脱毛処理をしているときにありがちなことは何か聞いてみました。


 1位は《ピンセットで毛をうまくつかめなくて皮膚をはさむ》となりました。果てしなく続く地道な作業。うっかり皮膚をはさんでしまい、風呂場で絶叫して家族に不審がられた経験がある人もいるのでは。そんな緻密な作業なので、2位《集中しすぎて目が疲れる》こともありがちですね。結局我慢ができなくなって、4位《ピンセットで1本1本抜いていたが疲れて途中でカミソリで剃る》という人も。ここで面倒くさがり屋さんにちょっと朗報です。「毛を剃ると濃くなってしまう」という説がありますがこれは必ずしも真実とは言えず、カミソリで剃ったあとは毛先が広くなっているので、毛が濃く太くなったような気がするだけだそうですよ。

 白鳥は優雅に水上を滑る姿とは裏腹に、水面下では激しく足を動かしているそうですが、美しい女性達もその「美」のために、裏側ではこんなに涙ぐましい努力をしているのですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /3/6〜2013/3/7
有効回答者数:1,083名