春は新たな出会いがある一方で、進学や就職、転勤などの理由で離ればなれの生活をしなければならないカップルが生まれてしまう季節でもあります。通信手段がいくら発達しても、会いたい時にすぐに会いに行ける距離に相手のいない遠距離恋愛には寂しさが付きまといますが、そんな寂しさを乗り越えるコツはあるのでしょうか。


 今回gooランキングで遠距離恋愛の寂しさを乗り越えるコツを調べたところ、1位は《「好き」と、言葉で伝える》という結果になりました。心理コーディネーターの織田隼人によると、愛情表現は性別によって違うだけでなく、個人でも「言葉、スキンシップ、行動、時間の共有」という4つのタイプに大きく分けることができるそう。遠距離恋愛では「スキンシップ、行動」という愛情表現が取れなくなる分、きちんと言葉に出して「好き」と伝えたり、《電話で話す回数をなるべく増やす》などコミュニケーションの頻度を増やしたりすることが重要な愛情表現だと言えそうです。《相手の生活リズムを尊重する》《相手からの電話やメールの回数を気にしない》など、相手の行動を束縛しすぎない意識を自分がしっかり持つ、といった内容も上位にランク・イン。「恋愛が長続きしない理由ランキング」の1位が《束縛しすぎる》、「浮気をされてしまう人の傾向ランキング」の1位が《束縛をしたがる》であることからもわかるように、たとえ愛するが故の束縛であったとしても、相手の束縛は決して良い結果を生まないようです。

 遠距離恋愛の切なさは多くのアーティストが歌にしていますが、最近ではC&Kが『アイアイのうた〜僕とキミと僕等の日々〜』で遠距離恋愛中の二人のひかれあう気持ちを歌っています。gooランキング mixiページとC&Kのコラボ企画で選ばれた遠距離カップルが主役になっているC&Kのドキュメンタリーショートムービー『アイのカタチ』は、第4弾のYouTubeでの再生回数が26万回を突破。遠距離恋愛の切なさを映像で味わいたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /3/6〜2013/3/7
有効回答者数:1,083名