すっかり定着した「女子力」という言葉。雑誌やTVでも、女子力アップのための特集がたびたび組まれていますが、それほど情報があふれているにもかかわらず、みなさんがついついやってしまう「女子力が下がること」は何か聞いてみました。


 1位は《ムダ毛を放置》。「今日は長袖だし、誰かの前で服を脱ぐ予定もないしまあいいか」なんて、ついお手入れをズルズル先延ばしにしてしまうことってありませんか。2位は《ノーメイクで外出》。「ちょっとポストまで」「近所のコンビニに行くだけだから」などと言っているうちにノーメイクの外出記録がどんどん伸びていき、気が付いたら電車に乗って隣町に行くのも平気になっていた…なんていうことも。また「花粉症の時期はマスクをするからすっぴんで外出できてラッキー!」と思っている人もいるのではないでしょうか。6位は《疲れてお風呂に入らずに寝る》ですが、お風呂には疲れはもちろん、冷えやむくみを改善する効果や、デトックスやリラックス効果もあるなど女性にとっていいことずくめ。女子力うんぬんは抜きにしても、できれば毎日のバスタイムは死守したいものですね。

 ところで、「女子力」「女子会」などというものの、女子とはいったい何歳までの女性を指す言葉なのでしょうか。日清製粉グループなどが“女子会上級者”とされる20〜30代の未婚女性800人にアンケートを実施したところ、30.9%が「30代まで」、27.0%が「いつまでも」、17.1%が「40代まで」と回答したとか。「女子」という言葉は年齢に関係なく、ずいぶん幅広く使われる言葉になったようですが、同じ質問を男性にぶつけたときの調査結果もちょっと知りたいですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:23061票
投票期間:2013/2/24〜3/9
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません