プロ野球選手がメジャーリーグを目指すように、日本で評価を得た役者が次にハリウッドを目指すのは自然なことなのかもしれません。今回は、ハリウッドで活躍しそうな日本人は誰か選んでもらいました。


 1位に輝いたのは、モデル出身の《杏》でした。パリコレなど海外のプレタポルテコレクションで活躍し、ニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100人」にも選出されるなど、世界を股にかけた華々しい経歴を持つ彼女。なんといっても父親はアカデミー賞にノミネートされた経験を持つ渡辺謙なので、ますます期待が高まります。2位の《松田翔太》も、父親の松田優作はハリウッド映画の出演経験が。松田優作が『ブラック・レイン』に出演したときは、ハリウッドスター達をも凌駕する存在感を見せつけたそうですが、その遺伝子は息子へとしっかり受け継がれているかもしれませんね。3位になったのは高い演技力が評価されている《藤原竜也》、4位は老若男女問わず好感度抜群の《綾瀬はるか》、5位はひと癖ある役柄を数多くこなしている《松山ケンイチ》など、いずれもこれからの日本の映画界を牽引していきそうな若手の実力派が選ばれました。

 ロサンゼルスのハリウッドが「映画の都」となったのは、年間の降水量が極めて少なく映画撮影に最適だったからとのことですが、その「映画の都」で、より多くの日本人俳優が存在感を示す日が来たらうれしいですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:7923票
投票期間:2013/2/25〜3/4
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません