協調性を大事にする私たち日本人はその場の空気を読むことを重んじますが、空気を読める・読めないに、地域性はあるのでしょうか? 今回はみんなが「空気が読めない人」が多いと思う都道府県はどこか聞いてみました。


 圧倒的多数で1位になったのは《大阪府》でした。大阪人のイメージといえば、自己主張が強い、普段の会話にもボケとツッコミを取り入れる、などがありますが、周りを気にせずグイグイ前にでる感じが「空気が読めない」と思われやすいのでしょうか。このような「大阪人像」を築く元になったのは、テレビで活躍する関西芸人たちの影響も大きそうですが、実は瞬時にボケや突っ込みを入れてその場を笑いの渦にするお笑いタレントは、誰よりも空気に敏感なもの。さらには空気を理解した上で敢えて読まずに壊す、という高度な技も必要なのです。あなたが、「この人うるさくて空気読めないよね」と思っているお笑いタレントも、案外「空気を読まない」という高度な技の持ち主なのかもしれません。2位《東京都》、3位《沖縄県》と続きますが、他県にくらべてセカセカしていそうな東京人と、「なんくるないさぁ」とのんびりしていそうな沖縄人が選ばれたのは、いずれも自分のペースをあまり崩したがらないイメージがあるからかもしれません。

 「あいつKYだよな」なんて人には言えたとしても、あなたは本当に空気が読めていますか? 怖いのは、空気を読めない人は絶対に自分ではそのことに気がつかないという事実。自分が空気を読めるか調べるスマートフォンのアプリ「空気読み」などもあるので、不安な人はこっそりチェックしてみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /3/1〜2013/3/4
有効回答者数:1,009名