スポーツ観賞中、選手の鍛え抜かれた肉体につい見とれてしまい、肝心の競技の記憶がおぼろげに…。そんな経験ありませんか。今回は、肉体美が印象的な男性スポーツ選手といえば誰か、みんなに聞いてみました。


 1位に輝いたのはロンドン五輪の金メダリスト《内村航平》。引き締まった体で次から次へと繰り出される華麗な技に魅了された人は多いと思いますが、インタビューによると、あの肉体を作るために特別なトレーニングをしているわけではなく、体操の練習だけで自然に筋肉がついたそうです。2位は日本の水泳界を牽引する《北島康介》。あえて強気な発言をして自分自身を追い込み、結果を出すために必死に努力するというスタイルで数々の功績を残しています。もちろんその努力の中には、日々の筋トレが含まれているのでしょう。同じく水泳選手では4位に《入江陵介》がランク・インしています。水泳はほかの競技と比べて体の露出度が高いので肉体美を目にする機会が多いことも、水泳選手たちが上位にランク・インした理由のひとつかもしれませんね。

 リサーチパネルが10代〜40代の女性を対象におこなったアンケートによると、男性の体型で理想なのは全年代共通で「細マッチョ」になったそうです。ギリシャ彫刻のような体型は目の保養としては最高ですが、自分のパートナーとなれば、ほどほどがよいと思うのかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:7614票
投票期間:2013/2/8〜2/22
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません。