2012年4月に堺雅人と新垣結衣の共演で人気を博した『リーガル・ハイ』のSPドラマが、4月13日に放送されることが決定したのだとか。そこで今回は「嬉しかった今年度のSPドラマ」について聞いてみたところ、1位には《ラッキーセブン》が入りました。


 同作は探偵事務所の個性的な7人が難事件に挑む物語であり、gooの「もう一度みたい松潤のドラマは?」でも2位にランク・イン! 主演の松本潤と同僚役の瑛太とのアクションシーンに加え、松嶋菜々子や大泉洋らが繰り出すコミカルなやり取りが話題となり、同月期の民放連ドラでトップの平均視聴率15.6%(ビデオリサーチ関東地区調べ)を記録しています。そのSPドラマは、探偵事務所のメンバーたちが金融犯罪の黒幕とされる天才経済学者や魔性の女性秘書と対決するというストーリー。松本潤演じる駿太郎は事件の裏を暴こうと秘書に近づくも、逆にその危険な魅力に翻弄され恋に落ちてしまう…など見所満載で、視聴率も15.0%をマークしています。放送終了後一年ほどでSP化されたことについて松本潤は「こんなに早いタイミングで集まれると思っていなかった。本当に楽しい現場だったので、また駿太郎を演じることができて嬉しい」とコメント。高い視聴率を稼ぎ出すことができたのは、そんな現場の雰囲気の良さゆえかもしれませんね。

 2位に入ったのは《ATARU》。gooの「2012年の春ドラマで印象深いのは?」でも2位に入るなど健闘しています。そのSPドラマは1月6日に4時間にわたって放送され、19時からの第1部は10.4%、21時からの第2部では15.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率をマーク。番組最後では映画『ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL(仮)』の制作が始まることも発表されており、今後も《ATARU》から目が離せなくなりそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:16319票
投票期間:2013/2/4〜2/22
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません