「人から良い印象を持たれる」というのは大事なことですが、特に重要なのは第一印象です。ある程度付き合いが深くなれば良いところ以外も見せてしまうことになりますが、第一印象が悪ければ、そもそも付き合いを始めるところまでたどり着けないものです。


 そんな第一印象を良く見せるポイントとして多くの人が重要視しているのが、《身だしなみを整える》ことです。あまりに整いすぎて堅苦しい印象を与えるのは良くありませんが、パッと見た瞬間に「あ、この人はちゃんとしているな」と印象づけることは重要。だらしない格好で「仕事も私生活もちゃんとしてなさそうだな」と思われては、そこでお付き合いが終わってしまうこともありそうです。
 続いて挙げる人が多かったのは、《口角の上がった笑顔を心がける》。笑顔がすてきな人は誰からも好印象を持たれるものですよね。でも、感じの良い笑顔を意識して作るのはなかなか難しいもの。そんな時は口角を上げることに加えて、目元の筋肉をリラックスさせることも意識すると、不自然にならないのでお勧めです。

 相手と会話をする段階で心がけたいのは、《相手と目線を合わせる》ことでしょうか。話をしている時に視線があらぬ方向を向いていたら、「自分と話して楽しくないのかな」、「ちゃんと聞いてないのかな」と、相手を不安・不快な気持ちにさせてしまいます。ちゃんと話を聞いていること、話に興味を持っていることを目で相手に伝えるというのはあらゆる場面において使えるテクニックなので、常日頃から心がけたいものですよね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013/2/6〜2013/2/7
有効回答者数:1,122名