お笑いコンビ「テツandトモ」が結成15周年を記念し、芸人としては異例の“ネタなし”ライブを開催! 芸の世界で何年も生き残るのは簡単ではありませんが、今回はみなさんに「昨年ブレイクした芸人の中で、今年はTVから消えてそうな芸人といえば?」と聞いてみました。


 1位は、八十島弘行とツネのコンビ《2700》。2008年に結成、わずか8カ月でキングオブコントの決勝進出…と順調な滑り出しかと思いきや、2011年には八十島弘行のブログのコメント欄が炎上。ファンからネタに対する否定的なコメントが書き込まれ、それに八十島弘行が真っ向から反論したことによるものでした。一方のツネは、昨年双子の子どもが生まれたのをきっかけに、総額80万円をかけて整形した経験があることを公言。知名度の向上と共にメディア出演も増えているものの、《2700》のネタは“歌ネタ”などリズムを使ったものが多く、そのおもしろさがイマイチ理解できないと思う人も少なくないのかもしれません。

 僅差で2位には《スギちゃん》がランク・イン。自身のネタ「ワイルドだろぉ」は昨年の流行語大賞を受賞しましたが、インパクトが強いだけに飽きられやすいのも確かです。しかし、今年は『天才!志村どうぶつ園』スペシャルの企画でカンガルーの赤ちゃんを育てることに挑戦したり、単独ライブで47都道府県を巡る全国ツアーを行ったりと、精力的に動いている様子。果たして、その成果はどうなるのか…気になるところですね。その他、3位には「キングオブコント2012」優勝の《バイきんぐ》、4位には“元バンドマン”の経歴で知られる《Hi-Hi》がランク・インしました。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /2/6〜2013/2/7
有効回答者数:1,122名