特になんとも思っていなかった相手でも、「この人私に気があるのかしら?」と思った途端こちらが意識してしまい、ついには恋愛感情に発展することってありますよね。今回は、そんな罪つくりで思わせぶりなセリフは何か、選んでもらいました。


 勘違いしてしまうセリフ1位は《次いつ会える?》になりました。「いつ会えるか聞く=私に会いたい=私のことが好き!?」という思考回路になるのは、特別に自意識過剰な女子ではなくても自然なことなのでは。頭の中で真剣にスケジュール帳をめくってしまった時点で、すでに彼の虜になり始めているのかもしれません。2位は《今度二人で飲みに行こうよ》。「みんなで」ではなくて「二人で」、そして「ご飯」ではなくて「飲み」ときたら、アプローチをかけられていると思ってしまっても無理はありません。3位は《付き合ってる人いるの?》と聞かれること。男性が好きな女性に恋人がいるかを気にするのは当然のことですが、面と向かって聞くのはなかなか勇気がいるもの。恋愛心理の著書を多数持つ精神科医のゆうきゆう氏は、彼氏の有無を見極めるには「彼氏に誕生日何もらったの?」など恋人がいる前提で相手に話を振り、反応を見るのが有効だと語っています。逆に考えれば、ストレートに聞けてしまうのは気がない相手だから、という可能性もありそうです。

 甘いセリフに心が揺さぶられるのは仕方がないことですが、口が上手いプレイボーイに引っかからないためには、言葉だけではなく彼の行動をじっくり観察することが大切なのかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:14774票
投票期間:2013/2/1〜2/14
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません