「デジタルポスト」が行った「営業ができそうな芸能人・有名人」の男性1位には、東国原英夫衆議院議員が入っています。そこで今回「営業マンに向いてそうな男性有名人は?」という質問をしてみたところ、1位には《櫻井翔》がランク・インしました。


 営業の代表的なドレスコードといえばスーツですが、《櫻井翔》はgooの「スーツがビシッときまる若手俳優は?」でも1位に選ばれています。これは、2006年10月から務めている『NEWS ZERO』のキャスターの影響が強いのかもしれませんね。ちなみに、社会学博士の榊博文氏いわく「トップ営業マンと呼ばれる人たちは、話し上手というより聞き上手な人たち」なんだとか。事前に読み込んだ膨大な資料をインタビュー会場には一切持ち込まず、話を聞き出すことに集中する“キャスター《櫻井翔》”と共通するものを感じますね。今年4月からはドラマ『家族ゲーム』で変人家庭教師を演じることが決定していますが、こちらは故松田優作で映画化、長渕剛でドラマ化もされた名作のリメーク。今までにない破天荒な役柄をどんな風に演じるのか楽しみですね。

 2位には《山口智充》がランク・イン。芸能界入りする前に勤めていた家電量販店で“優良社員賞”をもらうほど優秀な営業マンだった彼は、今現在も「キリン のどごし<生>」の担当営業という役柄でCMに出演しています。作中での役職はキリンビール株式会社の課長ですが、同社の磯崎功典社長から部長昇格を言い渡された際には「現場にいたいので」と昇進を固辞する寸劇を繰り広げ周囲を沸かせたことも。株式会社マーチャンダイジング・オンの「2012年3月売上ランキングベスト20アルコール飲料部門」で同商品が第3位に入っているのは、《山口智充》の名演技も影響しているのかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:14420票
投票期間:2013/2/7〜2/14
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません