ただの自慢話だと思われると分かっていても、自分の身に起こった「うれしい出来事」はついついしゃべりたくなってしまうもの。ということで、今回みなさんに他人に自慢したくてウズウズしてしまうことについて聞いてみました。


 1位に選ばれたのは《有名人に会った》でした。芸能人やスポーツ選手も一般の人と同じように買い物や散歩を楽しんでいるはずですが、「テレビの向こうの人」「別世界の人」だから出会うはずがないというイメージがあり、ファンでなくてもつい自慢したくなるようです。今が旬の有名人に握手やサインを応じてもらえたら舞い上がってしまいますね。身近な出来事の上位はやはり異性関係が中心で、《恋人ができた》が2位、《告白された》が3位にランク・イン。寂しい片想いからラブラブな両想いになると傍目からも気付きやすいものですが、10位の《プロポーズされた》より圧倒的に票数が多いことからも、異性と付き合い始める喜びというものは何物にも代え難いといえそうですね。

 最近の世間の傾向を表していると言える《痩せた》が4位に。痩せたくても痩せられず、ダイエットに失敗した経験がある人であれば、苦労した体験を誰かにわかって欲しいという思いが募るもの。一方、痩せたことに気付いてもらえず「痩せたね」と言ってもらえない寂しさから、思わず自分で言いたくなってしまうこともあるのかもしれません。例え小さな出来事でも、他人に対する優越感は誰しも持っていたいものなのでしょうね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:8692票
投票期間:2013/1/31〜2/13
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません