居心地のいい職場で働くためには、円滑な人間関係が必須条件。特に、直接関わることが多い直属の上司・部下との相性はとても重要です。さて、今回はもし自分が上司だったら、ぜひとも部下にしたいと思う俳優は誰か聞いてみました。


 1位になったのは、最近さまざまなランキングで1位をさらっている《櫻井翔》。知的で有能そうなので大事な場面でも戦力になってくれそうだし、柔和な笑顔は職場での癒し効果も抜群ですね。2位は、最近人気急上昇の俳優《西島秀俊》。現在42歳の彼を部下にするにはこちらの手腕も必要になりそうですが、クールに業務をこなしてくれるだけではなく、ドラマで見せた筋肉質な体は力仕事でも頼りになりそうです。3位は《二宮和也》。人懐っこい笑顔の彼なら、まるで弟のように可愛がって、楽しく仕事を教えられそうです。ほかにも、常に真摯に仕事に取り組んでくれそうな4位《松坂桃李》や、一族のイメージも相まってとにかく仕事ができそうな5位《小泉孝太郎》などがランク・インしました。

 PRESIDENTオンラインの記事によると、近年は打たれ弱い若者が増えているので、部下の扱いにも細心の注意が必要だとか。いいところを具体的に挙げて褒めることや、叱るときでも人間性を否定しないなど注意事項が多く、人の上に立つのはなかなか大変なようです。でも、もしもランク・インしたような部下なら、すすんで「いい上司」になってしまえそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:11105票
投票期間:2013/1/31〜2/7
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません