創業100年の自動車関連会社がアニメ『ルパン三世』に登場するイタリアの名車をEVに改造すると話題になっているとか。ということで、今回みなさんにアニメの乗り物で実際に乗ってみたいと思うものについて聞いてみました。


 宮崎駿監督のジブリ作品の中でも最高傑作と言われている『となりのトトロ』に出てくる《ネコバス》が圧倒的1位に選ばれました。サツキ、メイ姉妹が森に住む不思議な生き物トトロと出会い共に冒険していくストーリーの中で、12本足のネコ型バスという特異な乗り物は欠かせない存在です。大分県佐伯市には「猫バスの停まる里」と観光の名所にもなっている「ととろ」というバス停が実在し、平成9年には突如《ネコバス》の大看板が現れ話題になったように、ファンの間でも実在してほしい乗り物という意識がとても強いようです。2位には『ドラえもん』の《タイムマシン》がランク・イン。ドラえもんの持つ秘密道具の中でも、過去や未来に自由に行き来できる乗り物としてストーリーを支える重要アイテムですが、のび太の机の引き出しの中にある、という身近さも手伝って、読者や視聴者の「あったらいいな」感をより強くしているのでしょう。3位『ドラゴンボール』の《筋斗雲》や6位『魔女の宅急便』の《ほうき》のように不可能に近い夢物語の乗り物もありますが、4位『風の谷のナウシカ』の《メーヴェ》、7位『銀河鉄道999』の《999号》、8位《宇宙戦艦ヤマト》のように実在の乗り物をモデルにして描かれたものに対しては、なおさら「乗ってみたい」気持ちを強く持つ人がいるのでしょうね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9282票
投票期間:2013/1/18〜2/1
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません