「演技力があると思う若手女優ランキング」の1位には、CMや映画で活躍中の《蒼井優》が選ばれました。昨年、映画 『フラガール』で第30回 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞や第49回 ブルーリボン賞主演女優賞など、多数の賞を獲得しています。2位に入ったのは、俳優・ 高岡蒼甫との電撃結婚で話題を呼んだ《宮崎あおい》。3位は清純派女優としても人気が高い《長澤まさみ》でした。
 《蒼井優》が注目を集めたのは、 宮沢りえ池脇千鶴がブレイクするきっかけとなった 三井のリハウスガールに選ばれたことでしょう。地元・福岡で活躍していましたが、1999年に1万人の中から人気ミュージカル 『アニー』のポリー役に選ばれ、本格的なデビューを果たしました。
 《宮崎あおい》は、初主演映画 『害虫』で “ナント三大陸映画祭”のコンペティション部門で主演女優賞を獲得したのを皮切りに、2002年には映画 『EUREKA(ユリイカ)』で “高崎映画祭”の最優秀新人女優賞を獲得するなど、女優としての歩みを着実に進めています。今回のランキングに入っている17位の《栗山千明》、22位の《ベッキー》とは 『秘密倶楽部o-daiba.com』、その続編 『株式会社o-daiba.com美少女IT戦士リアルシスターズ(RSZ)』で共演しており、お互いの誕生日を祝いあうほど仲が良いそう。また、1位の《蒼井優》とは映画『害虫』やコマーシャルで共演したこともあり、こちらもお互いに下の名前で呼び合う間柄なのだとか。
 4位の《沢尻エリカ》も、その演技力には定評のある女優の1人。出世作となった映画 『パッチギ!』では、韓国人の少女リ・キョンジャを演じ、第29回日本アカデミー賞の新人俳優賞、第79回 キネマ旬報ベスト・テンの新人女優賞など、数々の賞を獲得しています。最新の主演映画 『クローズド・ノート』では、舞台あいさつでの 「別に…」発言で物議を醸しましたが、彼女の演技には称賛を贈る人が多いよう。ちなみに、この《沢尻エリカ》と高校時代に同級生だったのが、11位の《上野樹里》。このほかにも、3位の《長澤まさみ》と15位の《鈴木杏》が、 堀越高等学校時代の3年間をずっと同じクラスで学んだ大親友だったりと、次代を担う若手女優の間には、思わぬ交友関係があるようですね。