インターネットの ブログオンラインストレージ、街中で配られている情報誌やコミックなど、ありとあらゆる種類の無料サービスがいたるところで提供されている今日このごろ。でも、「こんなサービスだったら有料でも使ってみたい!」と思える魅力的な有料サービスも、世の中にはまだまだあるようです。
 「有料でも利用してみたいと思うサービスランキング」の1位は《有料テレビ》。アメリカではすでに ケーブルテレビで “ペイ・パー・ビュー(Pay Per View)”と呼ばれる番組単位の課金方式が一般的になっていますが、現在は日本でも 衛星放送を中心にペイ・パー・ビューの利用者が増えています。これらの《有料テレビ》では、野球やサッカーなどの生中継、海外ドラマやバラエティ、アニメ、音楽などを扱う専門チャンネルが多数ラインアップされており、興味のある分野に絞って視聴できるのが魅力です。
 2位につけたのは《有料トイレ》でした。欧米では、公衆トイレを衛生的に維持するための費用をチップでまかなうことが一般的ですが、日本でも東京駅や新宿駅をはじめとする大型ターミナルには有料トイレが設置されています。昨年10月には秋葉原駅の駅前広場に喫煙所が併設された有料トイレ “オアシス@akiba”もオープンし、女性を中心に多くの利用者から好評を得ているようです。
 ストレス解消のためのサービスとして再び注目を浴びている《酸素バー》は、3位にランクイン。備え付けのマスクから酸素を吸入することで、疲労の回復や集中力の向上が行えるというのがセールスポイントですが、酸素濃度が正常な人にはあまり効果が無いとの説も。ちなみに、 精油などを併用する場合は、油分の吸収によって肺炎を引き起こす可能性もあるとのことです。利用の際には、お店の方にちゃんと安全性を確認をしておきましょう。
 5位から7位には、《有料試食》《有料お試しメイク》《お酒の有料試飲》といった試用サービスがランクインしました。東京では 恵比寿麦酒記念館の高級ビール試飲などが有名ですが、 新宿伊勢丹などを中心に、有料試食・有料試飲を提供するデパートが増えてきています。このほか、《有料ビーチ》や《有料公園》《パーソナルスタイリスト》など、他人の目を気にすることなく1人もしくは友人・家族だけで楽しめる有料サービスも人気のようです。