世間では大いに話題を集めた作品なのに、「今見に行っても込んでるから」「どうせすぐにDVDで出ちゃうでしょ」と見そびれてしまった映画の1つや2つ、あなたにもあるのではないでしょうか? そんな作品に限って、なかなか見る機会というのはやってこないものですよね。
 今回のテーマ「興味があるけどまだ観たことがない『シリーズ』映画ランキング」で1位になったのは、ディズニーランドのアトラクション “カリブの海賊”をモチーフにした冒険映画《パイレーツ・オブ・カリビアン》でした。名優 ジョニー・デップ演じる元海賊の “ジャック・スパロウ”とその仲間たちが大海原を舞台に冒険する姿を描いた大人気シリーズですが、意外にも「見たことがない」という人が多いようです。今年5月に公開された第3作 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』でシリーズは完結していますが、ジョニー・デップが続編制作をにおわせる発言をしたり、劇中に続編への伏線と思われる場面があったりと、まだまだ今後の動きから目が離せません。ちなみに、シリーズ第1作の 『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』は、ディズニー映画史上初めて PG-13指定を受けた作品としても話題を集めました。
 2位の ソリッド・シチュエーション・スリラー《ソウ》はシリーズ最新作 『ソウ4』が公開中で、今最もホットな作品と言えるでしょう。2004年に公開された第1作は低予算で制作された作品でしたが、観客の予想を覆す巧妙な謎とストーリー展開でコアな映画ファンをもうならせ、全世界で大ヒットを記録しました。こちらは、公開があやぶまれるほどのせい惨な残酷描写ゆえに「見たいけど怖いなあ……」なんていうのが、見ていない理由なのでしょうか?
 トップ10には、このほかにも《ロード・オブ・ザ・リング》や《ハリー・ポッター》など、おなじみの超大作シリーズが顔をそろえましたが、そんな中で意外な存在感を見せているのが、邦画で唯一上位入りした時代劇《眠狂四郎》です。同シリーズは、 柴田錬三郎原作の小説を映画化したもので、 『眠狂四郎殺法帖』 『眠狂四郎勝負』など、多数のシリーズ作品が作られています。1969年に公開された 松方弘樹主演の 『眠狂四郎円月殺法』以降、映画では新作が作られていませんが、今でも続編を心待ちにしている人は多いようですね。