彼は恋愛対象外! …だったはずなのに、ちょっとした相手の行動や仕草に突然「ドキッ」とした経験はありませんか? 今回みなさんに意識していなかった男性に男っぽさを感じる瞬間を聞いてみたところ、1位になったのは《一緒に歩いているときに「危ないよ」といって腕を引かれたとき》という意見でした。


 普段は男っぽさを全く感じさせない男性が、車や人にぶつかりそうになった時に腕をグイッと引いてくれたら…守られた気持ちになって何だかドキドキしてしまいそうです。続く2位には《電車の中でよろけたときに支えてくれたとき》がランク・イン。こちらも自分のことを助けてくれたという頼もしさに加え、体に触れられたことで自然と異性として意識してしまう女性が多いのかも。でも、マイナビのアンケートでは8割近くもの女性が「異性からのボディータッチは好きではない」と答えた例もありますから、男性は男らしさをアピールしたいからといって、むやみやたらと女性に触れば良いというものではありません。あくまでも9位《自然なボディータッチをされたとき》にあるように、“いやらしさ”を感じさせないやり方が女心には響くようです。

 5位《子どもに対して優しく接していたとき》や6位《目上の人に対して丁寧に対応していたとき》は一人の人間としても魅力的に思えますが、いつもの姿とのギャップにドキドキする女性もいるのでは。同じくギャップを感じさせられる結果としては、3位《腕まくりをした時の腕が意外と筋肉質だったのをみたとき》や4位《いつもラフな格好なのに仕事帰りなどでスーツを着てきたとき》も上位に入っています。気楽に付き合える異性の友達もいいものですが、ふとしたことがきっかけで恋に発展する…そんな二人の関係にも夢がありますね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /1/9〜2013/1/10
有効回答者数:1,072名