気になる男性との恋を進展させるために、メールで気持ちを伝えることがあります。女性の中には、素直に「好き」と送らずワザと遠回りな言葉を選んで恋の駆け引きを仕掛ける人もいますよね。この“恋の駆け引きメール”は失敗すると受け取った男性を一気にシラけさせてしまう残念な効果もあるようです。「俺のこと好きなのかも」と女性の好意に気づきつつも、送られたら引いてしまうメールのフレーズを男性のみなさんに選んでもらいました。


 多くの男性がドン引きしてしまったのは、1位《なんで返信くれないの?私って嫌われちゃったの?(`;ω;´)》でした。メールがあまり好きではない男性とのやり取りの場合、返信の催促はできるだけ避けたいところ。「返信をしない=相手の女性に全く好意がない」というわけではなく、返信しづらい内容や忙しさのせいも考えられます。嫌われてしまった…とマイナスな妄想をする前に、相手の男性の得意分野に狙いを定めた質問をメールしてみてはいかがでしょう。教えたがりの男性は多いものです。
 続く2位には《今日わたし誕生日なんですぅ(pェ・q)チラリンコ♪》がランク・イン。祝ってほしいという催促なのでしょうか。誕生日を祝うことに強烈なプレッシャーを感じてしまう人もいるので「相手の気持ちを考えられないワガママな女性なのかも…」と思われてしまっても仕方ありません。3位の《おやChu(((*・ω・(ε・* )))uuh! みぃ★》や5位の《ユルシテ(ω≧▼≦ω)ニャン♪》のような、内容のない返信が難しいメールも不評でした。

 恋愛中は周りが見えなくなってしまうことがあります。片想いの相手に“恋の駆け引きメール”を送るのは本当に有効なのか、一度頭を冷やして考えてみたほうがよさそうです。

  調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013/1/9〜2013/1/10
有効回答者数:1,072名