かけがえのない存在の恋人。しかし、世界中に恋人のことを言いふらしたいタイプの人もいれば、まわりには極力隠しておきたいという人もいます。今回はみんなに、恋人の存在を隠してしまう相手といえば誰かを聞いてみました。


 1位になったのは《親》。確かに、不用意に存在を明かしてしまえば、外泊や帰りが遅くなったときの言い訳がしにくくなりそうですね。また、干渉気味の《親》なら「すぐに連れてきなさい」「あの人はあなたには似合わないわ」などと言われ、下手したら恋をぶち壊されるかもしれません。2位はちょっと問題アリの回答《好きな人》となりました。恋人がいるのにほかに気になる相手ができてしまったら、その相手には恋人の存在を隠していたいと思う人が多いようです。恋人と《好きな人》、どちらに対しても不誠実な対応といえますが、できれば波風を立てたくないのでしょうか。しかし、《好きな人》とうまくいってしまえば、修羅場が待ち受けていることは間違いありません。また、3位の《元恋人》に現在の恋人とイチャイチャしているところを見られたら、居心地が悪くなってしまいそうですね。とはいえ、《元恋人》との別れ方によっては「幸せになった姿を見せつけてやりたい!」と思う人もいるかもしれません。

 ゼクシィが20〜30代の女性に行ったアンケートでは、「交際を隠したがる男を信用できますか?」という質問に、61%の女性が「信用できない」と回答したそうです。隠す人が必ず不誠実な人ということではないでしょうが、秘密にするからには何か理由があるのも事実。できればオープンな関係でいたいものですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:10914票
投票期間:2013/1/5〜1/18
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません