結成8周年を迎え、昨年末は念願の紅白出場を果たした関ジャニエイト。数あるジャニーズのグループの中でも、トークのおもしろさや親しみやすさが突出しているといわれる彼らですが、今回はそんなメンバーのうち、みんなが「誰押し」なのか聞いてみました。


 関ジャニエイトのイチオシメンバー1位に選ばれたのは、ドラムの腕を買われて関ジャニに加入したという《大倉忠義》。ドラマーといえば、通常はバンド内でもフロントメンバーに比べて地味なイメージがありますが、『NHK紅白歌合戦』出演時には冒頭で勇ましく和太鼓を叩き、視聴者にその魅力を見せつけました。6月22日には初の主演映画『100回泣くこと』の公開が決まっており、これからますます注目されること間違いなしです。2位は、2011年にそれまで掛け持ちしていたNEWSを脱退して関ジャニに専念した《錦戸亮》。人懐っこい笑顔と、その柔和な顔に似つかない毒舌ぶりが印象的な彼ですが、こちらも5月に有川浩原作の映画『県庁おもてなし課』で主演を務めます。高知で生まれ育った平凡な職員という役どころで土佐弁にも挑戦しているそうですよ。3位の《村上信五》は4位《横山裕》、7位《渋谷すばる》とともに、4月から始まるNHKのドキュメンタリー番組『応援ドキュメント 明日はどっちだ』でレギュラー出演します。

 2013年も華々しい活躍を見せてくれそうな関ジャニエイト。話題の作品は見逃さないように、チェックしておきたいですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:17422票
投票期間:2012/12/31〜2013/1/13
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません