大学進学や仕事の都合で、やむを得ず遠距離恋愛をすることに…。本来ならば少しでも近くにいたいはずの二人が離ればなれになる遠距離恋愛では、関係を続けるためにお互い努力が必要な場面も。では、遠距離恋愛を持続させる“コツ”と聞いてみんなはどんなことを思い浮かべるのでしょうか。


 1位は《電話やメールの回数をなるべく増やす》。会えない時間を埋めるために、ちょっとしたことも電話やメールを使って報告しあい、やりとりの回数を増やす。そうすることで、直接見ることのできない相手の状況を知ったり、何より「好き」という気持ちを確認し合える…。そんな気持ちがあっての1位と言えそうです。1位と僅差で2位にランク・インしたのは《月に1回は必ず会う》。格安航空券や快適な夜行バスなど、遠く離れている二人の距離を埋めてくれる交通手段は日々発達しています。メールや電話などのコミュニケーションツールの性能が向上しても、直接会って話をしたり手をつないだり…という二人の時間はやはり欠かせないもの。だからこそ、「必ず会う」というアナログな手段を多くの人が支持しているのではないでしょうか。
 上位には《相手の話をよく聞くよう努力する》《誕生日などの記念日を絶対に忘れない》など、付き合いが長くなるとおろそかにしてしまいそうな関係維持の“コツ”が入っており、遠距離恋愛中の恋人たちは日々小さな努力を積み重ねている様子が垣間見えます。そんな二人を応援するため、gooランキングの運営する「恋愛ドリル」、C&Kが、mixiページで遠距離恋愛中の2人が主役の密着ショートムービーを作れるコラボ企画をスタート! 離れた二人が出会うまでのドキュメンタリー風ショートムービーを作成する…という企画です。「恋愛ドリル」内のフォームからご応募いただけるので、遠距離恋愛中のお二人はぜひチェックしてみてくださいね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/12/7〜2012/12/8
有効回答者数:1,059名