おでかけサイト「レッツエンジョイ東京」のアンケートでは、75%以上の男性がバレンタインデーにチョコをもらいたいと答えています。女性にとっては、男性に日ごろの感謝や好きな気持ちを伝えるチャンスの日。そこで「これだけは絶対におかしたくない!」と考える失敗とは、どのようなものでしょうか?


 本命の人にあげるチョコこそ、手作りしたいと考える女性も多いはず。でも、想いがギュッとこもった手作りチョコはもらう側の期待も高まりやすいだけに、1位のように《手作りしたチョコがまずい》のは女性、男性どちらにとっても残念な出来事。チョコはバレンタインデーにしか作らない人も多いでしょうから、事前にしっかり練習しておき、当日は「自信作!」と言えるものをプレゼントしたいですね。

 また、3位には《呼び出す相手を間違える》という、何とも切ない意見がランク・インしました。チョコを渡す前は誰でも緊張してしまうもの。自分で声をかけられない場合は友人に協力を仰ぎ、意中の相手を呼び出してもらうのもよいでしょう。でも、結果的に《人違いだったが後戻りできず、本命チョコを別の人に渡してしまう》なんていうことにならないよう、十分な打ち合わせが必要です。5位《暖かい場所に保管して溶けてしまう》は、寒い2月の時期だからこそ“うっかり”やってしまいそうな失敗。ちなみに、チョコレートの保存に適した温度は15度〜22度なのだとか。暖房がガンガンに効いた部屋は避け、廊下などある程度涼しい場所に置いておくのがベターです。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/12/7〜12/8
有効回答者数:1,059名