男性は、恋愛に関して夢という名の妄想が膨らみがちなもの。数々の恋愛を経たベテランであれば「そんなに楽しいことばかりじゃないよ」と苦言の一つでも呈したいところでしょうが、あきらめきれない男性たちは、「もし彼女ができたら、こんなことをしてほしいなあ……」と日夜脳内でシミュレーションを欠かさないようです。


 そんな男性たちが彼女にしてもらいたいことの筆頭として挙げているのが、《手料理を作ってもらいたい》です。男女平等の時代、料理=女性が作るものという発想はどうかという声もあるとは思いますが、やはり自分のために誰かが手間暇をかけて何かしてくれるというのはうれしいもの。それを彼女がしてくれるのなら、うれしさもひとしおですよね。
 彼女との関係がさらに同棲へとステップアップしたケースでは、《仕事から帰った時に家にいて笑顔で出迎えてもらいたい》と考える人が多いようです。独り身の男性にとって最も辛いのは孤独であること。仕事を終えて戻った時に自分の部屋で誰かが出迎えてくれるうれしさは、何ものにも代えがたいのではないでしょうか。続く3位には《風邪をひいた時など看病をしてもらいたい》がランク・インしていますが、これも重要なのは看病をしてもらえるということではなく、風邪を引いた時の心細さや寂しさが、彼女の存在によって癒やされることにあるようですね。

 このほか、《膝枕をしてもらいたい》や《「行ってらっしゃい」のキスをしてもらいたい》など、女性からすれば「何を甘えているんだ」と思うようなものも多数ランク・インしていますが、もともと男性とは夢見がちで甘えたがりな生き物。「仕方がない」と寛容の心で受け入れてみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/12/7〜2012/12/8
有効回答者数:1,059名