「ダサいたま」などと揶揄されることがある埼玉県。首都・東京に隣接しながら、山や農地などのどかな風景が見られるのがその一因です。しかしながら、埼玉は東京のベッドタウン。平日は六本木や渋谷を闊歩している人々も、週末には埼玉に戻ってゆったりとくつろいでいるのです。今回は、そんな埼玉のすごいところを聞いてみました。


 1位は《クレヨンしんちゃんが正式な春日部市民である》ということ。知らない人には何のこっちゃですが、実はあの国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』の舞台は春日部市で、平成16年にはしんちゃん一家が旧春日部市の市制施行50周年を記念して特別住民登録されています。春日部市に行けば、行政ポスターなどでしんちゃんを見る機会も多いそうですよ。2位は《夏になると、熊谷が「全国で一番暑い」とニュースで報道される》ということ。たしかに猛暑の日は、熊谷の様子が必ずといっていいほど報道されますね。大都市で発生する人工的な熱で起こる「ヒートアイランド現象」や秩父山からの「フェーン現象」がその原因と言われていますが、熊谷では夏の暑さを逆手にとらえ、人の「熱さ」と合わせて、市民みんなで楽しみながら積極的にまちづくりに活かそうとする「あついぞ!熊谷」という事業が行われているそうです。5位《人気チェーン店の本社が多い(サイゼリア、日高屋、しまむら、島忠・ホームズなど)》や6位《日本最大級のショッピングセンター「イオンレイクタウン」がある》は、休日に人が集まる大都市のベッドタウンならではですね。
 実はいろいろすごい埼玉の魅力、おわかりいただけたでしょうか。今回のランキングを読み込めば、あなたもすっかり埼玉通ですよ。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/12/7〜2012/12/8
有効回答者数:1,059名