AKB48とともに近年の日本のヒットチャートを独占する嵐。明るくてノリのいい曲が多いので、みんなで歌ったら場が盛り上がること必至です。今回は、カラオケで盛り上がる嵐の曲といえば何か、みんなに聞いてみました。


 1位《Happiness》は、二宮和也と櫻井翔が出演したドラマ『山田太郎ものがたり』の主題歌。イントロの時点ですでに場が盛りあがるありがたい曲です。テンポも速すぎずメロディーラインもわかりやすいので、みんなで大合唱するにはうってつけです。2位は、1999年に発売された嵐のデビュー曲《A・RA・SHI》になりました。今や日本中で圧倒的な存在感を誇る超人気グループの嵐ですが、軽快なラップパートとサビパートが印象的なこの曲は、新しいスーパーアイドルの誕生を感じさせるものでした。ジャニーズ関係に疎い人でも、この曲は聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。続いて、発表当時から振り付けがかわいいと評判で、思わず歌いながら踊りたくなるような3位《Trouble maker》や、爽やか系ポップの4位《Love so sweet》などが選ばれました。

 メンバー同士の仲がいいと評判の嵐の歌を歌うと、なんだかみんなの連帯感も強まりそうですね。最近はおひとり様専門のカラオケ店の数も増え、ひとりで楽しむ「ヒトカラ」も定着してきましたが、ときには大勢で盛り上がるコミュニケーションとしてのカラオケも楽しみたいものです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:11039票
投票期間:2012/12/5〜12/18
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません