自分としては最高の表情でカメラと向き合ったはずなのに、撮られた写真には「かわいくない自分」が写っていてガッカリ…。多くの人が、そんな経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか。そこで今回は写真教室の村松朗先生に、被写体をかわいく撮るためのコツを教えてもらいました。


■1位 光の方向+レフ板使用で素敵な光づくり
 人物写真は光で決まるといっても過言では無いくらいだと思っております。それも光の方向がとても大切。女性の場合は基本的に半逆光でかつ陰になる部分にレフ板等で光を当てることできれいな光になります。そのレフ板とは光を反射させてコントロールするもので、お手持ちの白いハンカチや厚紙でも代用ができます。白や銀色のものなら何でも構わず、カフェのメニューやレジャーシートでも代用できます。

■2位 美白(明るさ調整)
 露出補正をプラスにすることで美白効果が上がります。斜め後ろからの太陽光(半逆光)は髪や輪郭が輝き人物をすてきに見せてくれるのですが、背景が明るい色だとコントラストが激しいので顔が暗くなりがち。この場合、レフ板かつ露出補正プラスは必須です。背景が暗い場合は露出補正はゼロ程度で構わないのですが、女性の場合は基本的に明るめ(露出補正をプラス)にして撮影すると良いでしょう。ただし上げすぎは禁物です。

■3位 チャームポイントを意識
 ポートレートというものはその人を表現するものです。やはりその人らしさ、人となりを出すことが一番大切です。写真を撮ってあげる場合は、その人の特徴、性格などをよく観察し、その人の魅力を引き出すことがポイントとなってきます。ご自身で撮る場合はチャームポイントもわかっていることが多いはずなので、自信たっぷりに撮ってください。なお、コンプレックスも考え方次第でチャームポイントになることはお忘れなく。

 先生があげてくれたコツは、写真撮影に少しでも詳しい人であれば当たり前のように実践していそうなことばかり。撮影時にひと手間かかりますが、フレームにかわいく納まることができるのであれば、そのひと手間をかける価値は十分にあるのではないでしょうか。

このランキングを作成した人:amu design / アムデザイン 村松 朗先生
※ランキング順位に対する解説はすべて村松 朗先生によるものです