SMAPの稲垣吾郎がミュージカルに初挑戦し「こんなに楽しいものがあったんだと新しい発見です。初日なんでドキドキする」とコメント。そこで今回はミュージカルの舞台が似合いそうなジャニーズといったら誰なのかを聞いてみました。


 1位には《堂本光一》がランク・イン。gooの「ミュージカルでの活躍も見てみたい俳優は?」でも上位に入っており、自身が主演を務める『SHOCK』は今年で通算上演1000回を達成する予定となっています。同舞台はダイナミックで安定感のあるステージが持ち味。芸能人や舞台関係者の観劇も多く、デヴィ夫人は「シルク・ド・ソレイユばりの曲芸」や「ラスベガス・クラスのイルージョン」、「ブロードウェイに出しても恥ずかしくないテクニカル極めたダンス」が楽しめたとコメントしています。ミュージカル嫌いのタモリでさえ絶賛しているといいますから、ファンならずとも一度は観劇してみたいものですね。

 2位には『さらば、わが愛 覇王別姫』や『英国王のスピーチ』など多くの舞台に出演している《東山紀之》がランク・イン。『PLAYZONE』に至っては23年というロングランを達成していますが、その卒業が決まった際には「後輩に後を託して僕らは新しいものを構築していく」とコメント。それを裏付けるように、今月18日から音楽とダンスのみで台詞がないという新趣向の舞台『NO WORDS,NO TIME〜空に落ちた涙〜』で主演を務めています。台詞や歌がない中での演技に注目が集まっていましたが、本人いわく「自分の中にある精神性や強さを言葉というツールを使わずに出せることが非常におもしろい」と感じているのだとか。芸に対してストイックなことで知られている東山ですが、本舞台への出演でさらに一皮剥けたかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:18177票
投票期間:2012/12/5〜12/12
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません