一日の始まりはテレビから。ニュース・天気予報から芸能・スポーツまで、毎日決まったチャンネルから情報をキャッチしている人も結構多いのでは。ということで今回、みなさんが好きで一番よく見ている地上波のテレビ局について聞いてみました。


 朝から深夜まで安定的な人気コンテンツを揃える《フジテレビジョン》が1位を獲得しました。特に人気俳優が毎回主役を務める「月9ドラマ」枠は高視聴率を記録することが多く、その時代を反映するトレンディドラマとして注目を集める存在です。たけし&さんまをはじめ、たくさんのお笑いスターを輩出した伝説の番組『オレたちひょうきん族』の時代からお笑い系も強く、「楽しくなければテレビじゃない」というキャッチフレーズさながら、家族揃って楽しめる番組が多いのが特徴の局です。続いて2位には、2011年度に8年ぶりに視聴率3冠を達成した《日本テレビ》がランク・イン。プロ野球巨人戦のイメージが強い局ですが、朝や昼の情報番組にも力を入れて主婦層を獲得すると共に、夜にも情報バラエティ番組を揃えてファミリー層に幅広く支持されてきています。今年の4月〜6月期で初の視聴率3冠となった《テレビ朝日》も3位と健闘しています。

 オリコンスタイルが行った好きなアナウンサー調査では、今年の女子アナ人気NO.1は《フジテレビジョン》の加藤綾子アナ(通称カトパン)が2年連続で選ばれ、男子アナ人気NO.1には《日本テレビ》の桝太一アナが初めて選ばれました。このあたりにも上位2局の強さの要因があるようです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:12692票
投票期間:2012/11/26〜12/9
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません